道具が良くても使えなければ意味がない!?

セックスをしていない男性が増えているそうです。いわゆる「草食化」の流れの中で、性的に淡泊な人が多くなったことも一因ですが、旺盛な性欲を持っているにもかかわらず、チャンスに恵まれない人が増えたことも大きな要因です。運動をしたり食生活に気をつけたりして下半身の体力をつけたのに、「実践するチャンスがない」と嘆いていてはもったいない。独身者はもちろんのこと、夫婦のセックスレスが増えている中、既婚にもかかわらず性生活からすっかりご無沙汰というも少なくありません。

「男として現役である」とは、勃起できることではありません。自分の道具を定期的に使うことです。どんな「名刀」でも使わないで放っておけばさびてしまうもの。人生を豊かにするために、磨いた道具を使いましょう。


男の人生にはセックスが必要です

夫婦のセックスレスにはさまざまな要因がありますが、一番大きな問題は「妻が夫に性的関心を失った」こと。夫は妻にモテなければ、性生活を復活させることは難しいでしょう。セックスは人生の中心をなすといっても過言ではないほど重要な要素。フロイト的心理学でも、「性」が中心になっています。

中国の陰陽五行説においても、性交は男性にとってとても重要なものとされています。男のエネルギーは有限であり、無限のエネルギーを持つ女から吸収することでパワーを得ます。元気に生きるためには、セックスでエネルギー交換をする必要があるとされているのです。女性の中で射精し、オーガズムを得ることで、男は男らしく、パワフルに生きられるというわけです。


勃起できないときは、薬に頼ることも必要です

男性は誰でも、加齢とともに下半身の元気が失われていくものです。また、普段は元気なのに、初めての相手との性交では緊張のためうまくいかないということもあります。運動や食生活に気をつけていても、どうしても勃起できないということはあるもの。そんなときには、バイアグラに頼ることも必要です。せっかくのチャンスをEDでつぶしては人生を存してしまいます。豊かに生きるためには、チャンスをしっかりモノにすることが大切です。最近はバイアグラのジェネリック医薬品が登場していますので、以前よりも少しお安く手に入るようにもなっています。

ED薬を使うことは決して恥ずかしいことではありません。自分自身の人生を楽しむために必要なものを取り入れないことの方がむしろ恥ずかしいこと。また、EDが原因でセックスレスになっているのであれば、妻のためにも活用すべきでしょう。

どんな素晴らしい道具も使わないで放っておいては意味がありません。スポーツをしたり、ED薬を使ったりして元気な下半身を持っているなら、使うチャンスをつかむ努力をしなければもったいないです。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.