モテるためには財力よりも会話力

別に二枚目でもないのにモデルのような美人と結婚している男性もいます。往々にして「お金持ち」ですが、よくよく夫婦の関係を尋ねてみると、妻の方は贅沢三昧の挙句に浮気をしていたり、夫婦生活はまったくなく、夫はもっぱら愛人とセックスしているなどということも少なくありません。財力のある男性は女性にモテやすいことは間違いないのでしょうけれど、お金に集まる女は「下心」だけ。その人の「愛」を求めて近づくわけではなく、金を求めているだけですので、厳密にいえば「モテている」ということにはならないのかも知れません。

男がモテる、というのはハートの面で好かれることでしょう。心の面でも性的な面でも満足させられる人こそ、「モテる」と言えるのではないでしょうか? そんなモテる男に必要なのは、「会話力」。話す力がなければ、女性にモテることはできません。


キャバクラでモテるのは若い男性ではなく、中年男性!?

キャバクラは男性がお金を払ってホステスと仲良くおしゃべりをする場所です。仲良くなれば、キャバ嬢と性的関係に発展するケースもあるため、タダでセックスしたいと考える若者たちが、意外と散財します。ホステスたちは「お金」目当てに働いているのですから、金払いの良い客を大事にするのは当たり前ですが、キャバ嬢たちにアンケートを取ると、意外なことにモテる客というのは、「お金持ち」ではありません。「中年男性」なのだそうです。

もちろん、若い人たちよりも中高年の男性の方がお金を持っているケースが多いのも事実ですが、彼女たちが「中年男性がいい」という最大の理由は、「話が面白いから」ということです。顔やスタイルで選ぶのなら若い人たちの方が断然有利になるはずですが、実際にはそうなりません。40代、50代の客の方が、コミュニケーション能力が高いために、女性たちに好かれているのです。


若い人は、「俺はこういう男だ」と話すだけ!?

若くて元気はつらつな男性たちは、キャバ嬢をものにしようと躍起になっています。早く自分の下半身を落ち着かせたいために、必死に自己アピールをするのです。「俺はこういう男なんだ」という話を一方的にするばかり。セックスでいえば、やたらと激しくピストン運動をするだけのようなもの。女性はそれだけでは喜びません。ねっとりとした愛撫や、性感帯の開発が不可欠です。

中年男性の場合、キャバ嬢たちが聞いてほしい話を掘り下げる能力が高いために、彼女たちをとてもいい気分にさせられるのです。うまい会話とは、話をすることではありません。相手に気持ち良く話をさせることなのです。

キャバ嬢に限らず、女性にモテるのは若くてピチピチの男性ではありません。コミュニケーション能力の高い男性です。会話力を身につけて、いつまでも「現役」として活躍しましょう。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.