女性が好きな「男の香り」とは?

理屈ではなく本能で惹きつけられるのが香りです。女性も、男性のつけている香水が自分の好きなフレーバーだった場合、ついフラフラと誘われることがあるようです。 体臭についても、遺伝子に関わる興味深い研究結果が出ています。


好きな香りには無意識に好感度アップ!

AXE脳科学研究所がおこなった調査によると、男性のつけている香水が自分好みだった場合、女性の抱く好感度は平均で「2.7割」上昇することが分かりました。

実験は、脳波を測る特殊なヘルメットを女性に装着してもらい、香りによって心拍数や脳波といった、無意識レベルでどれくらい好感度が上がるかを測定したものです。

実験によると、自分にとって好きな匂いを嗅いだ場合、女性は明らかに高い好感度をもつことが証明されました。顔やスタイルといったルックスに関係なく、匂いで好感をもってもらえるなら、男性諸氏はぜひとも活用しない手はないでしょう。

ちなみに女性に人気の高い男性香水としては、シトラス系が上位にきています。ムスクを合わせたものも人気ですが、ムスクのみよりは爽やかなシトラスをメインとした香水のほうが、女性は好きなようです。

またむせ返るような強い香りはNG。日本女性は、欧米男性のようなムンムンとした強い香りに慣れていませんので、近づいた時にふと香る程度のつけ方にとどめておいたほうが良いでしょう。


体臭に好き嫌いがある理由

逆に、女性が本能的に嫌悪感をもつ匂いというものも存在します。これは香水レベルの話ではなく、遺伝子が関わっているようです。

アメリカのウェイン州立大学の研究で、人は家族の体臭を他人の体臭よりも嫌うという興味深い結果が出ました。25組の家族に、それぞれ他者が3晩も着用したTシャツの匂いを嗅いでもらったところ、親子と異性の兄弟の匂いを「嫌い」と答えた人が非常に多いことが分かりました。夫婦間や同性間の兄弟では見られなかったそうです。

このことから、体臭には「近親相姦を防ぐための生命のメカニズム」があるのではないか、と推測されています。そう考えると、異性の親子や兄弟の匂いに対して、特に強い抵抗感を示した人が多かったのもうなずけます。

つまり「この人の体臭、キライ!」と感じる時は、自分と相手の遺伝子が似ている可能性があるのです。娘が父親の匂いを嫌がるのも、すべては近親相姦防止のため。決して落ち込む必要はありません。

逆に自分の体臭を心地よいと感じてくれる女性がいれば、彼女とは遺伝子的に遠い可能性が高いため、安心してくっつくことができそうです。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.