「精がつく食べ物」の真偽は?

世の中には、古今東西を問わず「精がつく食べ物」が存在します。日本においても、ウナギやマムシ、スッポンや牡蠣などが昔から知られています。 ここではウナギとスッポンについて、その真偽をリサーチしてみました。


ウナギの真実

夏になると、途端に注目を集めるウナギ。近年、価格が高騰していますが、土用の丑の日にはつい食べたくなる人も多いことでしょう。

ウナギには、たしかに精力減退に効く「亜鉛」が含まれています。亜鉛は「セックス・ミネラル」の異名をもつほど、精子の生成に欠かせないミネラルです。

また精子の成長を活性化させるビタミンAも豊富ですし、ホルモンバランスを整えて生殖機能を高めるビタミンEも含有。さらに血液をサラサラにするEPAという成分も含まれていますので、血流が大切な男性機能において、やはり一定の効果があると考えられます。

しかしウナギを常食すれば万事OKというわけではないかもしれません。たしかに体に良い栄養素の詰まった食材ではあるのですが、もともと「ウナギは精がつく」といわれたのは、昔は栄養価の高い食べ物があまりなかったからと考えられています。たしかに江戸時代においては、非常に貴重な食材だったに違いありません。

ちなみに土用の丑の日にウナギを食べるという習慣を考案したのは、エレキテルの発明で有名な平賀源内です。売り上げに悩んでいたウナギ屋に提案したことがきっかけといわれています。

さらに余談ですが、浜名湖の名菓「うなぎパイ」が夜のお菓子とキャッチフレーズをつけられているのは、一家だんらんのひと時に皆で食べてほしい、との願いからであり、決して精力増強の意味ではないそうです。 しかしウナギのパウダーのほかに「にんにく」まで入っているため、何か意図があったと勘繰られても仕方ないかもしれません。


スッポンの真実

古くから精力増強のイメージがある高級食材、スッポン。非常に美味しい出汁がとれるほか、甲羅や爪、一部の臓物を除くほとんどの部位を食べることができますので、スッポンのフルコースなどもよく見かけます。

実際、スッポンはウナギと同じくビタミンAが豊富で、精子の成長に良いとされていますし、造血作用のあるビタミンBも含まれています。勃起機能には、海綿体に送り込まれる血液の量も大切ですので、たしかに精力増強につながるといえそうです。

しかしスッポン=滋養強壮とされている背景には、他の原因もあるかもしれません。たとえばスッポン自身の繁殖能力が高いということ。そして、その形状が男性器を思わせる、ということです。

昔から精力増強に良いとされてきた食材をみると、ウナギはもちろん、山芋や高麗人参、マムシなどなど、いずれもそのような形状をしていることに気づきます。形からイメージされる効果の期待も、あながち無関係ではないかもしれませんね。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.