女性の話は聞き役に徹するのが良い

女性がいつでも、おしゃべり好きな生き物。デート中でも、できるだけ自分の話を聞いてほしいと思っていることが多いです。モテるためには、女性の話をいかによく聞くことができるかにかかっていると言っても良いでしょう。聞き役に徹していることが、モテる男の共通点なのです。


自分の話を聞いてもらいたい女性たち

女性たちは、自分の話を好きな男に聞いてもらいたくてうずうずしているものです。もともと、女性は話好きですからね。最近あった出来事から、好きなスイーツ・芸能人などの軽いネタでも、とにかく話をしたいのです。そして、相手の共感をいつも得ていたいと考えているものなのです。

自分の話を聞いてもらえているとき、女性たちの中の承認欲求は満たされることになります。承認欲求とは、ほかの人が自分の存在価値を評価していると感じているときに満たされますが、まさしく自分の話を聞いてもらっているときこそ、この欲求が深くみたされているのだと考えてください。

女性たちは、自分の話をきちんと聞いてもらえたとき、相手の男性をとても良い人だと考えます。そして、好意になるのです。女性にモテる人は、多くの場合で話を聞く側に回ることができる聞き上手であることからも、間違いないことだと覚えておきましょう。


話のオチの無さは女性ならではの特徴

さて、女性たちの話には、オチが無いと思う男性も多いことでしょう。論理的に考える男性たちは、会話のネタが降られたときにどんなオチが待っているのだろうと無意識に期待し、自分たちもオチを付けて会話を終了するでしょう。しかし、女性の話には決してオチが無いので、あきらめてください。

女性は、オチを考えて話を始めるわけではありません。むしろ、話にオチがあることが珍しいとも言えます。話を始めたので聞き続けていると、唐突に会話が終了することも多いでしょう。男たちは、今の話のオチは一体何だったのだろうと不思議に思うことでしょう。

しかし、女性としては話し終わった時点で満足なのです。何も、オチをつけて理解してもらおうとしているわけではありません。単に、自分が話したことを聞き入れてくれるだけで満足するのですから、もしも、話にオチが無いなと思っても指摘することは止めましょうね。


自分の話ばかりする男は嫌われる

さて、男としてもたまには自分の話を女性に聞いてもらいたいこともあるでしょう。男であっても、話好きなタイプだったら尚更です。しかし、自分の話ばかりする男性は、総じて女性からは嫌われることは覚えておいた方がいいでしょうね。

男性はいったん話をし始めると、どんどん加速して行く傾向があります。女性は、自分には興味が無い話をずっとされることはかなり苦痛に思うでしょう。もともと、話を聞いてほしいとの思いが強い場合は、聞き役に回ることは苦痛なのです。ましてや、自分の話ばかりする男には愛想を尽かすのも時間の問題でしょう。


まとめ

モテる男は、女性の話をよく聞くことができる聞き上手。オチの無い話をされても、嫌な顔をせずに適切な対応ができます。自分の話を聞いてもらいたいと願う女性たちからは、聞き上手な男が良くモテるのは事実なのですから、努力して聞き上手になることが大切でしょう。自分の話ばかりしている男は、女性から愛想を尽かされてしまいます。モテたいのならば、聞き役に徹して女性の満足度を高めてあげましょうね。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.