性欲が強いほどハゲるって本当?

「ハゲは性欲が強い」、そんなウワサがあります。たしかに、薄毛と性欲、いずれも男性ホルモンのはたらきが関係しているのですが、最新の研究ではホルモンそのものではなく、それと結びつく酵素に原因があると考えられています。


去勢したらハゲなかった!?

男性ホルモンと薄毛を関連付けるデータとして有名なのが、1942年、アメリカの医師がレイプで逮捕された男を去勢した時の話です。この男は一卵性双生児だったのですが、去勢されなかった兄のほうは頭がツルツルになったのに対し、去勢された弟のほうはフサフサのままだったというのです。
男性ホルモンの生産工場である男性器を切除することで、ハゲが進行しないことが証明された形となりました。考えるだけで痛い話ですが、非常に興味深いものです。
しかし薄毛治療の研究は、20世紀においてあまり力を入れておこなわれませんでした。結核やマラリア、HIVなど、生命を脅かす恐ろしい病気の治療に追われていたため、髪の毛など後回しにされていたようです。きちんとした研究が進まなかったため、男性ホルモンと何らかの関係があることは分かっていても、それ以上のことは闇の中でした。
現在では、男性型脱毛症についてさまざまな研究結果がもたらされています。それによると、薄毛の親玉は男性ホルモンではなく、それが結びつく酵素にあることが分かりました。


薄毛は毛包サイクルの異常が原因

まず、髪の毛の成長のメカニズムがだいぶ解明されてきました。髪の毛が作られるのは、頭皮の下にある「毛包」という袋のような組織で、3~7年ほどのサイクルで再生をくり返していることが判明。これを「毛周期」といいます。
男性型脱毛症は、単に髪が生えなくなることではなく、この毛周期に異常が起こることが原因と考えられるようになりました。通常は「成長→退行→再生」という順番でくり返すのに対し、脱毛症の人では成長期が短いまま毛包が退行してしまうことで、髪の毛が十分に作られないまま表に出てしまうのです。その証拠に、頭は「ツルツル」ではなく、産毛のような細い髪が生えています。
この毛周期を狂わせる一因として、男性ホルモンの作用があることも分かっています。ただし最新の研究では、男性ホルモンの分泌量そのものではなく、それを活性化させる酵素の量によると考えられています。テストステロンは、5αリダクターゼという酵素と結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)というさらに強力な男性ホルモンに変化。これが毛包を退行させるようです。
現在、薄毛治療薬として広く用いられている「プロペシア」は、まさにこの酵素のはたらきを阻害する薬であり、高い効果が確認されています。 つまり「性欲が強いほどハゲる」とは一概にはいえないようです。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.