EDと漢方薬

EDの治療に、ケミカルな薬ではなく漢方薬を活用したい男性もいるかもしれません。漢方は1人ひとりの症状に合わせて、オーダーメイドで処方してもらえる点がメリットです。 対症療法ではなく、体質から改善したい人に向いています。


腎機能を高める薬が多い

漢方の世界では、EDは「腎」の機能低下が関係していると考えます。漢方の「腎」には、腎臓だけではなく、膀胱や生殖器も含まれています。生まれつき腎の能力が強い人は、いつまでも若々しく元気でいられるとされます。

そのため、ED治療の漢方では腎機能を高めるものが多く使われます。また冷えや血行を良くすることも欠かせませんし、心因性EDの場合は精神をリラックスさせ、気持ちが落ち着くような漢方薬も用います。

たとえばED治療によく処方される漢方としては、「大柴胡湯」や「柴胡加竜骨牡蠣湯」、「六味地黄丸」や「補中益気湯」、「桂枝加竜骨牡蠣湯」などがあります。いずれもその人の体質に合わせて処方します。

また動物由来の素材としては、腎を温める効果のある「鹿の角」や「タツノオトシゴの内臓」なども用いられていますし、オットセイの睾丸も古くから使われています。これらは町の漢方薬局で売られている強壮剤によく含まれていますが、暑がり体質の人には向いていません。 暑がりな人には、地黄やクコシ、西洋参などの体の熱を冷ます作用のある生薬がよく使われます。


行きつけの漢方薬局をもとう!

漢方薬は、その性質ゆえに「一対一」の診察が大切になります。「この症状にはこれ」という薬が、西洋医学の薬ほど明確ではありません。あくまで1人ひとりの患者さんの体質や、EDになった経緯、体と心の状態などをみながら適宜、調合するのが漢方です。

そのため、できれば行きつけの漢方薬局や漢方医を見つけて、しっかり相談してから購入しましょう。漢方はイメージ的に体に優しい感じがしますが、薬である以上は副作用もやはりありますので、直接説明を聞くことも大切です。

最近ではインターネットを通して、遠方に住む人にもオーダーメイド処方をおこなう薬局があります。その際も、しっかり症状や体質を聞いてくれるところが安心です。 またバイアグラなどのED治療薬と併用できることもあります。安全のため、かならず医師に相談してから併用するようにしましょう。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.