妻に「女」に戻ってもらう日を作ろう

結婚をした女性は、その瞬間から妻としての立場を持つことになります。妻としての人生となり、夫を支えたり毎日の生活に追われたりすることになるでしょう。

また、子どもができると、今度は母親としての人生に変わります。しかし、もう一度妻に女としての自分を取り戻してもらうには、家事や育児から解放されるために、「」に戻ってもらう日を作ることをおすすめします。


結婚後は生活に追われる女性

女性は、結婚をすると夫となる男との生活をしっかり守ろうとするようになります。今までは、恋人同士としてお互いのことを違う環境から眺めているだけで良かったことでしょう。しかし、結婚したとなるともう家族なのですから、生活をきちんと整えなくてはなりません。

特に新婚当初の女性は、家事をしっかりこなそうと躍起になることが多いでしょう。毎食、手料理をきちんと作ろうとしたり、家の掃除や洗濯などの雑事も問題無くこなしたりしようとします。しかし、家事労働はきちんとやろうとすればするほどハードなもの。毎日、妻となった女性たちは必死になっていることに気付いてあげましょう。

結婚後は、独身時代とは違うのです。結婚前はおっとりしていた女性であっても、結婚後はしっかりと肝が据わるようになるのは自分たちの生活をきちんとしたいと思っているからに違いありません。結婚後の女性が、たくましくなるのは当然なのです。


子どもを持つと母親業に追われる女性

さて、結婚してしばらくすると子どもに恵まれることになるでしょう。子どもができると、今度は女性たちに母親の役割が重くのしかかってくることになります。子どもができたとたん、妻の立場よりも母親としての立場を優先するようになるのは、母性本能のなせる業なのでしょうね。

母親となった女性には、子どもを守って育て上げるという使命があります。特に、産後間もないころは夫ですら自分の体に触れるのを嫌がる時期が人によってはあるのです。これは、ホルモンバランスが原因なのですが、男性には理解しがたいことでしょう。

母は強し、と言いますがまさしく母親になった女性ほど強いものはありません。子どもを守るという本能は、女性や妻である前に母親であることを無意識にも意識的にもい選んでしまうのです。


妻が「女」に戻れる日を作ってみよう

では、妻や母親になってしまった女性は、もう女に戻ることはできないのでしょうか。その答えは、ノーです。今、妻や母親の立場にのめり込んでいる女性であっても、女に戻ることは十分に可能です。

女に戻ってもらうためには、家事や育児に一切かかわらなくても良い日を作ってあげることが一番でしょう。できれば、丸1日は女に戻ることができる日がほしいですね。数時間だけだと、どうしても家事や育児が気になってしまう女性が多いからです。

女に戻れる日には、独身のようなデートプランを立てて一緒に楽しんでみてください。たまには、妻や母親から、解放してあげましょう。十分にリフレッシュすることが、また日常生活でも女の部分を忘れないでいてもらえる秘訣なのです。


まとめ

男は結婚をしても、妻がいる身分になっただけで特に生活が変わることはありません。しかし、女性は、結婚すると妻になり夫の生活を支えながら生きる立場となります。また、子どもが生まれた後は、母親としての人生に没頭することになるでしょう。妻や母親の立場を一切忘れて、「女」に戻ってもらう日をつくると、妻といつまでも現役でいられる可能性が高くなるので、試してみてくださいね。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.