EDを引き起こすさまざまな病気

EDというと勃起機能だけの問題と捉えられがちですが、人によってはその裏に何らかの病気が潜んでいることもあります。たかがEDと思わず、自分の健康についてチェックしてみましょう


糖尿病はEDの重要ファクター

男 生活習慣病の代表格である糖尿病は、EDとの関係性が深いことが分かっています。

まずは神経障害です。勃起が起こるためには、脳で受けた性的刺激を陰茎に伝える必要がありますが、糖尿病になるとその神経回路に障害が起きやすくなります。つまり興奮はするけれど、体が言うことをきかない状態になるのです。

そして、糖尿病は酵素の活性を低下させます。勃起が起こるためには、陰茎の「平滑筋」という筋肉が弛緩する必要があるのですが、そこには一酸化窒素を合成する酵素の活性化が必須です。糖尿病になると、この酵素のはたらきがうまくいかなくなるために、平滑筋が弛緩せず、血液が十分に流れ込めなくなってしまいます。

さらに糖尿病は動脈硬化も引き起こします。勃起には血液の流入が欠かせないことから、これもEDの一因となってしまうのです。

糖尿病はさまざまな全身症状につながります。「まだ大丈夫」と思っている方も、ぜひ今から生活習慣を見直し、糖尿病にかかりにくい体を作りましょう。


腎不全もEDの一因に

加齢や糖尿病によって起こりやすいのが、慢性腎不全です。症状が進行すると人工透析が必要になりますが、この腎不全もEDを誘発するといわれています。

糖尿病と同様、動脈硬化が起こりやすいほか、腎不全では勃起に欠かせない自律神経に障害が起きやすいことが分かっています。また貧血症状が出やすいことから、これもEDの一因となります。

さらに人工透析を受けている腎不全の患者さんでは、男性ホルモンであるテストステロンの値が低下しやすいとの報告もあります。一方、性欲減退につながるプロラクチンというホルモンは多くなりますので、性機能にとってはマイナスばかりといえるでしょう。


EDは心疾患のサイン!?

狭心症や心筋梗塞は「虚血性心疾患」といわれ、心臓を取り巻く冠状動脈がふさがれることで起こります。そうして血流が悪くなると、陰茎に流れ込む血液量にも影響が出ますので、EDの原因となります。

EDと虚血性心疾患との関わりは深く、EDが心疾患の予兆として現れることもあるほどです。「最近、元気がない」と思う場合は、ただの加齢と片づけず、ぜひ全身のチェックを受けましょう。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.