信頼のおけるED薬とクリニックの正しい見分け方とは?

医薬品は安全なかたちで入手して、服用するのがベスト。しかし、これほど多くの病院やクリニックが存在し、ネットにも多くの情報が氾濫していると、どの医療機関で処方してもらうのがいいか、判断に迷ってしまいますよね。

そこで、今回は信頼のできる医院・クリニックの選び方、または使用しても安全な勃起薬の見分け方をご紹介。これからバイアグラの使用を検討している方は、ぜひ参考してみてください。


有名サイトから情報を入手する

バイアグラなどのED薬を扱っているクリニックは多数存在します。そんな中から一つだけ、通う医療機関を選ぶ理由はさまざまでしょう。「家から近い」「口コミで評判が良かった」など、とくに深く考えずに病院を選ばれている方も多いかと思われます。

しかし、現在、首都圏の男性専門クリニックにて偽物を処方するクリニックがあるとのことですので、医院選びは慎重に行いたいところ。そのためには、情報量が豊富かつ精査されているサイトを有効活用する方法をおすすめします。ここで紹介したいサイトは以下3つ。

・EDケアサポート・・・http://www.ed-care-support.jp/search/
こちらはシアリスの発売元である日本新薬株式会社の提供する、EDについての悩み相談から診察まで、安心して受けられる病院が簡単に検索できます。都道府県のテキストリンクをクリックするだけでOK。それぞれのお住まいの地域から、ED治療が受けられるクリニックがすぐ見つかりますよ。

・ED-info.net・・・http://www.ed-info.net/search/
バイアグラの発売元である大手製薬会社のファイザーが管理運営するED患者向けの情報サイト。こちらも、住所近くの信頼できる医療機関が簡単検索できるシステムになっています。また、同サイトには「EDセルフチェックコーナー」などもあり、自分がEDかどうか客観的に判断できるコーナーも。悩んでいる方はぜひお試しを。

・EDネットクリニック・・・http://ed-netclinic.com/hosp/
レビトラの発売元であるバイエル薬品株式会社の提供するサイトで、同じく正規品のレビトラを処方してくれる医療機関を地域別にて検索ができるサイトです。

首都圏の男性専門クリニックで上記3サイトのどこにも掲載の無いクリニックは強引に非正規品を処方する悪質なところである可能性が高いので、病院に行く前に必ずチェックすることをお勧めします。すでにED治療で通院されている方は、試しにこのサイトで検索してみてください。このサイトで検索してもヒットしなかった場合、処方を受けたED治療薬が偽物である非可能性もあります。リスクを抑えるため、クリニックを変更することを検討してみてください。


ED薬は厚生労働省認可のものを!

いわゆる「正規品」とよばれるジェネリック版バイアグラは、すべて厚生労働省の認可を受けています。つまり、使用がおすすめできるものは、厚生労働省が安全性をきちんとチェックし、問題ないと認めたもののみ、ということです。これらは全て公表され、製造する製薬会社も明らかになっています。

2016年現在で、認可を受けているジェネリックED治療薬は全部で10種類。東和薬品や富士化学工業、あすか製薬といった大手のジェネリックメーカーが手がける製品です。安心の大手ブランドのもと、厳格な治験をクリアした信頼性の高いものばかりです。医師の処方を受けてED薬を服用する際は、厚生労働省認可のものかどか、気になる方は医師に説明を求めるのもいいかもしれません。まともな医師であれば、きちんと説明責任を果たしてくれるはずです。


安いからといって安易に選ばないで!

国内の安全性の高いバイアグラがあるにも関わらず、海外製品が流通し、実際に購入する患者も多数存在します。しかし、それら海外の医薬品を輸入するには、「緊急性がある」「代替薬がない」などの条件を備える必要があるのをご存じでしょうか?バイアグラの場合は、緊急性もなく、レビトラなどの代替薬は複数存在します。そのため、海外のバイアグラ製品はほとんど正規のルートのものではない、と考えていいでしょう。

ED薬は効果がある反面、副作用などのリスクもあります。服用の際は、正確な情報のもと、信頼できるクリニックを探して安全なものを処方してもらうようにしてください。

お勧めコンテンツ→→→病院からジェネリック薬を処方されれば安全か?|バイアグラ個人輸入に潜む罠


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.