男女の性欲ピークはこんなに違う

男性にも女性にも、程度の差こそあれ性欲はあります。しかし男女では、そのピークや波に違いがあるのはたしかです。 女性の体のことも知って、より良い性生活に役立てましょう。


姉さん女房が正解だった!?

夫婦 男性の性欲がピークに達するのは、およそ20歳前後といわれます。思い当たるフシのある男性諸氏も多いのではないでしょうか? 大体、中学生ごろからひどくモンモンとし始め、電車で女性を見るだけであらぬ妄想が頭をよぎったりします。実際、男性ホルモンのテストステロンの分泌も、思春期あたりから増え始めて、20~25歳ごろにもっとも多くなるといわれます。

ちなみに暴行や殺人といった事件を起こすのも、この年齢あたりの男性がもっとも多いとするデータがあります。これもホルモンのせいにするわけではありませんが、テストステロンは闘争心や瞬発力に関わるだけに、何らかの関係があるのかもしれません。

一方、女性ホルモンの分泌がピークを迎えるのは、20代後半~30代前半とされています。男性よりかなり遅めです。そして40代ごろまでゆるやかに下降しながら続きます。「女盛りは30代」といわれるのも、あながちウソではないようです。

そう考えると、昔からよくある「年上の男性と年下の女性」という組み合わせでは、性欲のピークがあまりにズレています。「年上の女性とかなり年下の男性」こそ、お互いを激しく求め合う…のかもしれません。


女性の性欲は月経周期に影響される

また性欲の波に目を向けてみると、男性ではほぼ平坦です。女性のように月経周期の影響を受けませんので、日常におけるアップダウンはそれほどありません。

女性は、つねにホルモンの変化に体がさらされています。排卵日を境に2つの女性ホルモンが入れ替わりますし、生理前には男性ホルモンのテストステロンの分泌も増えるという複雑さです。

一般的に考えると、女性の性欲がもっとも強くなるのは排卵前あたりと思われるでしょう。しかし実際は、生理前にこそムラムラする女性が多いといわれます。子孫繁栄のシステムからいえば違うはずなのに、なぜかというと、生理前のテストステロン分泌が関わっています。つまり生理前の女性は男性ホルモンの影響を受けているため、無性に性欲が高まることがあるのです。

生理前になると、人が変わったように攻撃的になる女性も見かけますが、これもテストステロンのせいとする説があります。ある研究データによると、女性による犯罪の8割が生理前におこなわれている、ともいわれるほどです。

排卵日にも性欲は高まりやすくなりますが、心よりはむしろ体が性交を受け入れやすい状態になっているといえます。いつもより挿入がスムーズにいき、オーガズムも感じやすいのがこの時期です。

女性を口説くなら、人によっては生理前のほうが成功率は上がるかもしれません。ただし彼女が月経前症候群でイラついている時は、逆に噛みつかれる可能性もありますのでご注意を。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.