男性にも更年期障害がある!?

更年期というと女性のものというイメージがありますが、実際は男性にもあります。加齢とともに男性ホルモンの「テストステロン」の分泌が減少することで、性欲減退をはじめとするさまざまな体の不調が出てきます。


男性更年期障害とは?

歯ブラシ 男性更年期障害はLOH症候群ともいわれ、40代以上の男性において約600万人が発症しているとされています。テストステロンは男性を男性らしくさせるのに必要なホルモンで、筋肉の増強や毛深さ、精子の産生、活動力、瞬発力などに関わりがあります。その効果から、アスリートのドーピングの対象となるホルモンです。

思春期あたりから分泌量が増加し、男性的な体つきが作られていきます。ちなみにテストステロンは女性にも分泌されますが、その量は男性のおよそ20分の1です。おもに陰毛の発毛に関係しています。

テストステロンの分泌は25歳あたりをピークに徐々に減少し、40~50代になるとかなり低下するといわれます。ただし個人差も非常に大きく、70代であっても若い男性と同じテストステロン値を保っている男性も実際いるようです。 また加齢のほか、運動不足やストレスもテストステロンを減少させることが分かっています。

おもな症状としては、女性の更年期と同様、のぼせやほてり、肩こりや頭痛、全身倦怠感、不眠、抑うつ感、食欲不振などのほか、男性特有の症状として性欲減退、勃起不全(ED)などがあります。中には人格が変わるほどふさぎ込む人もいますので、注意が必要です。


男性更年期障害の治療法

いつまでも若々しく元気でいるためにも、男性更年期障害はぜひ克服したいものです。しかし女性更年期障害と比べて知名度が低く、また男性はなかなか病院に相談に行きたがらないことから、ただ症状にじっと耐えている人が多いと考えられています。

病院における治療法としては、男性ホルモン補充療法があります。減少したテストステロンを注射で補うもので、血中テストステロン値が低い人にのみおこなわれます。ただし前立腺がんや前立腺肥大症の方は、男性ホルモンの投与は症状を悪化させるリスクがあるため受けられません。

血液検査やホルモン値測定の結果、テストステロンレベルが一定以下で、他の検査に異常がなかった場合、男性ホルモン補充療法の対象となります。人にもよりますが、おもに2~4週おきに通院して注射を受けるのが一般的です。

病院によっては、規定の症状に当てはまる場合、保険適用となることもありますので、男性更年期障害が疑われる人はぜひ一度、相談してみてください。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.