男の魅力は性格にもあらわれる

普段から健康や見た目に気を遣い、外見が充分に魅力的である男性の場合、やはり内面も磨いておいて損はないでしょう。相手と長く良好な関係を築くには、お互いに内面が成熟し、性格がよくなくては難しいものです。「猫をかぶる」という言葉もありますが、ただのメッキはいつかはげてしまいます。この機会に、自らの性格を見直してみてはいかがでしょう。女性に限らず、より素晴らしい人間関係を築くことができるはずです。


好かれる性格

人から好かれる性格になることができれば、人付き合いも楽しく、人間関係も豊かになるでしょう。性別を問わず、好かれる人というのはある程度共通する部分があるものです。悪口をいわない。明るくほがらかである。意見を押し付けない。人の話しをよく聞く。つまり前向きで他人を大切にできる性格の人は、周りからも好かれるものです。

本当に性格のいい人ならば、誰かが困っていたらそっと手助けをし、悩みを聞いたりできるものです。中には性格がよさそうに見えて、実は嘘で取り繕っているだけの人もいます。ですが、そういう人というのは、そのうち周りにもばれるものです。周りは見ていないようで、きちんと見ているのです。


嫌われてしまう言動は避けよう

何をしていても、自分第一。中身が伴わないのに、見栄を張り外見を飾りたてる。そういった人は、性格が言葉や行動にも出てくるものです。

何かにつけて愚痴をこぼしたり、物にあたったりする人。言葉遣いや人使いが荒い人。イライラを隠そうともしない人。そういった人は、自分だけでなく周りをも不愉快にさせてしまいます。そんな人が好かれるかというと、答えはいいえです。一緒にいて楽しくないばかりか、いやな思いをしてしまうため、人はすぐに離れていきます。

性格のいい人が周りから好かれるように、性格に問題がある人は孤立してしまいます。それではますます性格が頑固になり、考え方を改めることは難しいでしょう。他人に性格を注意されることがあれば、腹をたてるのではなく、もう一度自分を見つめなおすいい機会だと考えてみると、その後の人生が大きく変わることでしょう。


異性の気を引くために気をつけること

例えば自尊心が強く、見栄っぱりな男性が女性の気を引こうとしてよくする失敗に、自慢話があります。自分は昔すごい会社に勤めていて、すごい人と知り合いだった。今すごい仕事を任されていて、部下が大勢いる。当人からすれば、ただ自慢がしたいだけではなく、それだけ自分が素晴らしい人間であるというアピールのつもりかもしれません。ですが、女性でなくともそのような話をされて、楽しい人はいません。仕事ではありませんから、そのような話をしてもその後男女の仲がうまくいくことはないでしょう。

異性とお付き合いをするなかで、肩書きが立派であるとか、どのような実績があるかなんて重要ではないのです。大切なのは、自分や相手がどのような人物であり、一緒になることでどのような有意義な時間を過ごすことができるかです。相手を労ることができる。慈しむことができる。愛することができる。楽しませることができる。内面ができていて、性格がいい人であれば、おのずとわかるはずです。

魅力的な人物は、何歳になっても人生が豊かなものになることでしょう。性格を磨くことを、忘れないようにしましょう。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.