無理して流行語を使わないことが大切

若い女性と話すときに、つい流行語を使ってしまうこともあるでしょう。何となく、テレビやインターネットで覚えてしまうのですが、コミュニケーションがはかどるだろうと勘違いしてしまう人が多いのです。残念ながら、年齢にそぐわない言葉遣いは、周りから見ておかしいだけです。モテたいのならば、無理をして流行語を使うことはありませんよ。


若い女性に無理に言葉を合わせなくてもいい

年齢差のあるカップルなどでは、男性が年上の場合、無理をして流行語を使っている場面がよくあります。しかし、残念ながら年齢に合わない流行語は使わない方がいいでしょう。女性からすると、どう反応すれば良いかわからない典型的なものだからです。

年齢差のあるカップルでは、男性が若い女性に話題を合わせようと努力することもあるでしょう。話を合わせようとすることがいけないのでは、ありません。言葉のチョイスを間違うと途端にダメ出しをされてしまうということなのです。

それに、流行語はすぐにすたれてしまいます。ちょっと前に流行った言葉でも、すぐに流行遅れとなるでしょう。流行おくれの言葉ほど、おかしいものはありません。若い人は流行に敏感なので、流行おくれになった途端に使わなくなります。でも、年上の男性はさじ加減ができないのが大きなダメージになるのでしょうね。


相手が笑ってくれても好かれているわけではない

でも、彼女は笑ってくれているから楽しんでくれているはずと言う男性もいるでしょう。それでは、自分と話をしているときの彼女の表情を観察してください。きっと、言葉では笑っている印象を受けても、表情がこわばっていたり目が笑っていなかったりするのではないでしょうか。つまり、女性は無理をして合わせているのです。

やはり、付き合っている男に対して、しかも年上ともなるとなかなか指摘しづらい時期もあるのでしょう。付き合い始めなどは、お互いに遠慮をする時期でもありますからね。そんなときに、流行おくれの言葉を浴びせられたら女性にとっては拷問と同じことでしょう。


自分のキャラに合った言葉遣いをしよう

言葉遣いには、その人のセンスがバッチリ現れるのです。男として、軽々しい評価を受けるのはいけません。まずは、自分のキャラに合った言葉遣いをすることを心掛けましょう。そうかと言って、乱暴な言葉遣いをして男らしさを表現しようなどとは思わないでくださいね。

モテる男は、言葉の使い分けができるものです。女性に対しても、敬語を使う場面は敬語を使い、少しくだけて良いときはさじ加減をしながら使い分けることができます。よくわからないのならば、モテる男性をじっくり観察して研究してみてください。

決して無理に流行語を使うことをしなくても、若い女性とも話を合わせることができているはずです。そして、女性たちの表情も自然な笑顔になっていることでしょう。無理をして流行語を使うよりも、自分のキャラに合った言葉を選んで適切に使うことが大切なのです。


まとめ

若い女性と話すときに、流行語を無理に使う男は周りから見ても浮いていることが多いです。年齢に合っていない言葉遣いは、その人に知性を感じなくするため、止めた方が良いでしょう。モテる人は、自分のキャラに合った言葉遣いができるものです。ウケを狙ったり、コミュニケーションを取ったりするために、流行語を使う必要は無いことを覚えておいてくださいね。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.