ベッドの上での会話でシラけないために

落ち着いた大人の男は、いついかなるときも会話力が落ちません。たとえば、ベッドの上であっても女性との会話でシラけてしまうことも無いでしょう。大人の男として、女性に気遣いをしつつ会話ができることは現役を通すためにも必要なことだと気付いてください。


モテる男はベッドの上でも紳士

モテる男は、ベッドの上の会話でも常に紳士です。いつもは饒舌なのに、なぜかベッドの上では無言だったり、意味不明な独り言を言っていたりするようでは決してモテる男にはなりません。なぜなら、女性のことを置き去りにしてしまっているからですね。

セックスに夢中になり過ぎて、会話のことまで気が回らないこともあるでしょう。しかし、独りよがりな様子をあからさまに見てしまうと、女性ははっきり言ってもうこの男とはセックスをしたくないと思うものです。

せっかく良いムードになってセックスできる仲になっても、次はもう無いでしょうね。ベッドの上でも会話上手な紳士であることは、モテたい男性にとっては必要不可欠なことだと考えてください。


ベッドの上でも下品過ぎないこと

無言や独り言が女性に不評なのは、おわかりの通りです。でも、だからと言って下品過ぎる会話もまた女性がシラけるだけなので止めておきましょう。女性にとって、セックスで快感を得るためにはムードが大切なのです。せっかくその気になったのに、下品過ぎる会話で現実に引き戻されてしまっては台無しです。

いくらセックスをしている最中でも、下品な会話はやめてください。下品な会話とは何か、ということですが、体の特徴を大げさに褒めたり性的な発言をし過ぎたりすることだと考えましょう。いくら裸の付き合いであっても、「エロオヤジ」とは女性はセックスを楽しめないものです。自分が安っぽく感じてしまうことも、あるでしょう。

下品な言葉を投げかけられるぐらいだったら、黙っていてほしいと思うのが女性というもの。女心を理解できずに、「エロオヤジ」に成り下がるようでは、モテからは遠ざかる一方だと言えるでしょうね。


ムードが台無しになるネタは避けること

では、どんな会話をすると良いでしょうか。ベッドの上なのですから、あまり現実的なネタで会話を進めるのはいただけません。すでにセックスが終わって、自分たちの家に帰るところならまだしも、その最中に今日の株の話であるとか、政治の話とか、暗い事件の話をされても女性は困るだけです。

ムードが台無しになる話のネタを振られても、どう返答していいか困ってしまうことでしょう。しかも、セックスに集中できないので満足度も下がってしまいます。セックスで満足できなかった女性は、皆さんのことをダメな男だと評価することでしょう。

セックス中の話のネタを間違うと、皆さんの評価も下げてしまいます。とくに、男としての評価が最低になるのは、皆さんの望むところではないはずです。セックスのときには、ベッドの上での会話に注意してくださいね。


まとめ

大人の男は、ベッドの上でも余裕があるものです。男の余裕は、会話力に現れてくることでしょう。つい、行為に没頭してしまって会話に気が回らなくなってしまうこともあるでしょう。しかし、女性からみてモテる男性というのはベッドの上であっても、決して慌てることもなく、独りよがりにもなりません。ベッドの上の会話でシラけないためにも、余裕を持った態度と失言を防ぐ努力をしましょう。


テストステロンを上げよう

EDかも!?と思ったら

精力減退に効く食材やサプリ

男と女の性欲学

男の性にまつわるウソ・ホント

ためしてみたい!精力増強法

妻と「現役」でいるために

モテるためには会話力

魅力的な男でいるために

Copyright(c) いつまでも男として「現役」でいるために All Rights Reserved.